55歳からのハローライフを読んで

村上龍さんの「55歳からのハローライフ」を読みました。この本を読んだきっかけは、いつも聞いているポットキャストでこの本を担当した編集者の方が登場され、興味深く感じたのと、「13歳からのハローワーク」が好きでタイトル的には続編を思わせるこの本を手に取りました。編集者の方も言っていましたが、正確には、「13歳からハローワーク」とは、コンセプトが異なっています。方や未来ある若者ために、日本にある数ある職者についての解説を行っています。当書も55歳から付ける職業の解説書を目指していましたが、日本には55歳から就ける職業があまりに少ないことがわかり、小説の形式に切り替えたとのこと。
小説では、富裕層、中間層、貧困層のそれぞれの55歳の現実を描いていますが、彼らは共通して就職問題が存在しています。現役時代の状況に関わらず、中高年が働き続けることの難しさを感じました。貧富の差はありましが、彼らは定年近くまできちんと働いてきたことも共通しています。この問題は、誰でも起こりうる問題なのでしょう。Iライン脱毛をしましたが、痛い思いばかりでした

夏休みの宿題に親子で挑む?

夏休みの宿題って親も巻き込まれますよね。なんだかのんびり過ごしているうちにもう8月になってしまって、読書感想文や、自由研究や、絵などの宿題が手つかずで残っています。毎年のことなのですが、今年は特に進まないです。
なんでも自分でやってくれる子ならいいですが、結局のところ、親もある程度手伝わないとできないことないですか?
みなさん、どれくらい手伝っているものなんでしょうか?例えば読書感想文一つにしても、子どもに本を読ませて、さー書きなさいと言ったところでなかなか鉛筆が動きません。
一番印象に残ったところは?そのとき、あなたはどう思ったの?などと感想を箇条書きにして書き出す作業に手伝いが必要になってきます。もう低学年でもないし、そろそろ自分の力で書いてほしいなと思うのですが、中学生の子どもも、いまだに苦手なようで結局私の手伝い6割以上の感想文が出来上がりました。
自分も小さなときは苦手だったとは思うのですが、特に最近の子ってスマホスマホで文章を書くということが苦手になっているような気がします。これではだめですよね。
親として危機感持ちながら過ごしてる毎日です。http://www.unicyclopedia.org/

赤ちゃんの笑うツボが謎

生後5カ月のわが子はとにかく毎日よくニコニコしています。ですが、ニコニコしているだけであまり笑い声を出しません。上の子もそうだったのですが、近所に住む、わが子と同じくらいの月齢の赤ちゃんは声を出してきゃっきゃと笑っています。赤ちゃんによって本当に違うんだな、と思いました。
自分の子の笑い声も聞きたいなぁ〜と思いながら毎日手遊びなんかをしてあやすのですが、なかなか大笑いにはなりません。
ですが、今日のこと。私が上の子と遊んでいるとその姿をみて、きゃっきゃと声を出して大笑いしてくれました!私たちがしていた遊びは、「たたいてかぶってじゃんけんぽん」です。座布団とピコピコハンマーで勝負をしていたのですが、たたく度に大笑い。この姿に私も、上の子も「すごく笑ってる!!」とうれしくなって何度も勝負をしていました。
なぜこれが面白いのか謎ですが、時間をおいてもう一度してみるとやはり大笑いでした。「赤ちゃんの笑いのツボってわからないなぁ〜。」と思いました。http://www.kaleido-voyage.com/

今年初めての花火大会

先日は花火を観に行ってきました。

有名な都心の花火大会も良いけど都心から外れたところの花火大会へ。
どこでも混むけど都心は混みすぎるのでちょっと避けました。

やっぱり夏は花火を観なきゃですね。
電車で行く時は浴衣姿の人がチラホラ。
浴衣持ってないので私は着てきませんでした。浴衣もいいな〜。

花火会場に行く前にコンビニで飲食を購入。
会場には2時間くらい前に行ったけどもう既に人でいっぱいでした!
公園で行われた花火大会だったけど有料エリアの行列が凄かったです。
無料のエリアで十分なので入ってすぐの広場でシートを敷いて場所を確保。
距離も、花火って近くで観るよりちょっと離れた所で観る方がいいですよね。

開始時間までは人込みで疲れたのでゆっくり休憩して食事。
どんどん周りにもシートを敷く人が溢れてきました。

そして、花火。とっても綺麗でした・・!
今まで観たことのない面白い花火も観れました。
大きな花火も圧巻でした。大きな派手な花火は拍手している人もいてやっぱり感動しますね。

花火が終わる前に電車の混雑を気にして早々に帰る人がたくさん。
作るのも大変だし職人さんが一生懸命作っているから最後まで観ていたいです。
花火はあっという間に終わってしまいますね。とても感動した素敵な日になりました。http://www.gitedinard.com/

綺麗好き?!どうして猫は体を舐めるの?

私の家には、約1歳半の猫ちゃんがいます。
1年半飼っていて気づいた事が…!
それは、体を舐める舐める!!
ご飯を食べてお腹をペロペロ、
水を飲んで脚をペロペロ、
寝る前にしっぽをペロペロ、
起きてすぐ顔を自分の手でゴシゴシ、
毎日全身をまんべんなく綺麗にペロペロ
舐めています( ???????? )?
猫が自分の体を舐める仕草は、もともと
わかっていたことだけどあまりにも毎回毎回
真剣に一生懸命舐めるから、
「どうしてそんな真剣に舐めるの?」と思って
調べてみると……
これは、猫の本能みたいです。
“セルフグルーミング”といって、
狩りをする野生の猫が自分の排出物などの匂いで
周りに気づかれて狩りに失敗しないように
体を綺麗にグルーミングしていた事が
自分の体を舐めるようになった始まりのようです。
しかし猫が自分の体を舐める理由は
他にもあるみたいです。
猫自身が恐怖や驚き、ストレスなどを
感じて自分の体を舐める事もあります。
猫は自分の体を舐めて安心して落ち着きを
取り戻しているのです。
…っと、猫がこんなにも真剣に体を舐める理由が
わかった私はそれ以来なるべく飼い猫に
ストレスを与えない生活をしたり、
体を清潔に保てるように心がけています^^
一緒に暮らす限り、これから先もずっと
私自身も猫ちゃんもストレスフリーな生活が
できるように心がけます♪エステの学割プランは口コミでも人気です